英語を活かした正社員のお仕事・転職 情報ならキャリアアップへ・東京/神奈川

  • HOME

女性の英語のお仕事情報

転職お役立ち情報


女性のキャリアップセミナー

英語のトレーニング


 

キャリアアンドマネー



英文履歴書の書き方

英文履歴書の書き方

一般的に英文履歴書は、新しい事項から時間をさかのぼる形で書いていくのが普通です。
また、英文履歴書には簡潔さが求められますので、箇条書きで、企業の人事の方が読みやすく1,2ページ以内に収めることが重要です。
書類だけで選考されますので、できるだけ自己アピールが相手に伝わるように記載しましょう。


1 Personal Data
氏名、住所、電話番号、emailアドレスなど、自分に関する基本情報。。
2 Objective
自分が希望している職種が明確な方は希望内容を記載します。
しかし、あまり具体的過ぎてしまうとチャンスを狭めてしまいますので、できるだけフレキシブルな書き方を心がけましょう。
3 Quolifications, Skills, Licenses
TOEIC,TOEFLなどの英語のテストや運転免許の有無、その他資格などを記載します。
4 Work Experience
これまでの職歴。原則として新しいものから順に過去にさかのぼります。
和文履歴書とは逆に職歴の後に学歴を記載します。
どのような仕事内容かを箇条書きで簡潔に記載し、自分の職歴をアピールしましょう。(売り上げ実績などがある方は明確に数字を記載することが重要です。)
5 Education
応募する仕事に関係のある学歴および最終学歴だけでよい。

職務経歴書の書き方

職務経歴書とは自分を売り込むための書類です。
自分がこれまでに培ってきた職歴やスキルを記載します。
しかし、自己アピールする場なので、自己PRと志望動機を記載することは大切です。
職歴
勤務先の名称と業務内容
所属した部署名と業務範囲
移動・昇進
担当した職務の範囲、タイトル
実務能力
仕事への姿勢
専門知識
実績
売り上げ増大、経費節減等
管理した部下の数
取得した技能
免許・資格等

 

自己PR
書類だけで選考されますので、自分のアピールしたい点は何でも記載しましょう。
志望動機
なぜその職種を希望したのか?
自分の今までの職歴、経験、資格などからどのような貢献ができるのかを記載しましょう。
営業職
担当のクライアントや扱っている商材、売り上げ実績を具体的な数字を記載することが重要です。
また営業に対しての考え方や報告、企画提案、創意工夫をアピールすることも重要です。
職歴の浅い人
自己PRに自分がどのような人物でどのようなことがしたく、どのような仕事だとどのようなことができるのかを熱意を持って伝える文章にします。